« はじめてFPS観戦が面白かった | トップページ | 観るE へのアクセス »

2009年6月 3日 (水)

コミュニティサイトの概念(長文)

クランサイトなどのコミュニティサイトを作ろうと思ってる人以外にはあまり意味がない上に、具体的方法を書いているわけではない概念話を書いてみました。

頻繁に人が集まって、会話が発生すればそれがコミュニティです。Web上で掲示板で意見・情報交換をすればそこがコミュニティですし、グループを作ってIRCで会話していればそれもコミュニティです。知恵袋系のサイトは大きなコミュニティサイトですし、2chも当然コミュニティサイト、クランのHPなどもコミュニティサイトです。

2chは多くのゲームで最大コミュニティですが、書き込みが匿名であることや発言とプレイヤーが結びつかないことなど、特徴がはっきりしてるので好まない人もいます。自分の理想とするコミュニティが欲しい・・・これがコミュニティサイトを立ち上げる一番のモチベーションだと思います。

コミュニティサイトが成立する必須条件は
 1.多くのプレイヤーが高い頻度で見る(高PV:ページビュー)
 2.掲示板が頻繁に利用されている(投稿頻度が高い)
この2つだけです。

既に高いPVを持つサイト(検索サイトやニュースサイトなど)は、読者同士が意見交換できる環境を用意してあげれば高い投稿頻度を得ることができます。高い投稿頻度は、内容にも拠りますが達成できれば他人の投稿を読むために高PVを得ることもできます。高いPVか高い投稿頻度が既にある状態、これがコミュニティをはじめるとき一番簡単な状態です。

ただ、どちらも無い人は、まず高PVか更新頻度を得なければいけません。まず高PVを得るにはブログ、ニュース、動画などで注目を浴びる方法があります。まず高い更新頻度を得るための方法として、例えば参加できるイベントの企画・主催があります。自サイトで大会を行うことで話題を提供し、話題を話し合うことで投稿頻度が高まっていきます。そこからうまく高PV、高投稿頻度へ誘導できれば成功ですね。

他のも方法はあります。例えば diablor.com はトレード板として高い投稿頻度を呼び込めたようです。ゲーム内で用意されている交流要素(アイテム交換、COOP、オリジナルシナリオ投稿など)を取り扱うことでも達成できるのかもしれませんね。AgeSanctuaryのように、ゲームのリプレイを扱うことで高い投稿頻度を期待することもできます。

ここまで読んで、一度でも自分でコミュニティサイトを作ろうとした方はわかると思いますが・・・仕組みを作っただけでは結果は伴いません。そこが難しいところです。

今回は大きなコミュニティを念頭に書いていますが、クランサイトなど小さめのコミュニティサイトでも、またFPSやMMORPGなど別ゲームジャンルでも同じことが言えると思います。コミュニティに必要なものを意識すること。例えばイベント運営を行う場合、目的と期待する効果を意識すること。目的を意識していくことで、より良い方法が見つけられると思います。ブログネタに困ったらコミュニティネタを書いていこうと思ってるので、まずは序文として概念をまとめてみました。

参考: ダーマポイントHP プレイトーク
21回、22回のコミュニティ運営についてのコラムは、コミュニティ運営者にとってとてもためになります。

|

« はじめてFPS観戦が面白かった | トップページ | 観るE へのアクセス »

ESports」カテゴリの記事

コメント

おお!!これは。
僕にとっては非常に参考になるものです。まつじゅん先生有り難うございます。

僕のグループも結構賑やかになっていますし、嬉しいものです。。。

投稿: gozira2 | 2009年6月 6日 (土) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175702/29934949

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティサイトの概念(長文):

« はじめてFPS観戦が面白かった | トップページ | 観るE へのアクセス »