« ニコニコ有料動画 | トップページ | Twitter 政治利用進みすぎ »

2009年6月18日 (木)

単語へのこだわり

昨日の日記、ニコニコ有料動画 についてのコメント代わりのBlogです。

長いしあくまでAirlityさんのコメント向けの返事なので、興味のある方だけ「続き」でどうぞ。

・・・と書きつつ、昨日Airlityさんと話しちゃったので、コメントというより自分の考えの整理として書いています。

僕は中野さんがゲームプレイでお金を稼ぐ、という意味で「プロゲーマー」だと思っています。中野さんはe-sportsプレイヤーではありませんし、ご本 人もそこは理解されています(シューティングをe-sportsにしたい、という気持ちはあるようです)。中野さんはマイナージャンルである「シューティ ングゲーム」の魅力を伝えようと努力し、結果MONDO21で専用チャンネルを設けて毎回質の高い番組配信を行うことに成功し、更にこういった有料チャン ネルを作ることに成功しました。これは、僕のように下からe-sportsを盛り上げようと思っている人にとっては、すごく羨ましいことです。例えば AJCが地方でもCATVでも番組を持って、毎週の対戦を放送できるようになったらそれは大きな進歩だと思ってます。TVの画質や視聴し易さは偉大です。

また、勿論結果も大事ですけれど、僕は「やること」がとても重要だと思ってます。たとえ失敗してもやった事で経験が生まれ、視聴者の反応もわかり、次への課題も見えます。やって失敗したことの損失より、この経験のほうが次に進むためにずっと重要です。その意味でも、これだけのことをしたのは中野さんにとってとてもプラスだったと思いますし、成功だと思います。

>もう少しメジャーなジャンルならもっと成功してただろうに。
Airlityさんはこの文を「中野さんの、ゲーマーとしての成功」だと解釈したと思いますが、僕は「ゲームプレイのコンテンツ化に成功」という意味で書きまし た。この感じ方の差は、ゲーマーか素人イベント屋かの差ですね。中野さんが他のゲームをやっていたら・・・とは、僕も考えてはいません。

例えば全く同じ事を格闘ゲームでやれていたら、もっとMONDO21の番組や有料動画の注目度はあがってたと思います。例えばウメハラさんが似たこと、毎週スト4のキャラクターを一人ずつ攻略したり、素晴らしいプレイをTVで見せてくれたりしたらものすごく注目されていたでしょう。・・・確かにBlogの原文だけだと誤解されちゃいますね。とにかく僕は、過程や内容は無視して「ゲームをプレイすることを、個人レベルでTV番組としてコンテンツ化して有料コンテンツ化した」ことは凄いなと思いましたし成功したなと思ってます。

ちょっと話はそれますが。

単語って、ある人には何気ない単語でもそのジャンルに係わっている人にとっては凄く思い入れがある事がありますよね。以前ある方に「ゲーム」という単語の使い 方を指摘されたことがありました。ゲームは試合の意味もあって、e-sportsとして簡単にゲームゲーム言うのは誤解を招く、と(説明書くと長いので省きます)。例えばフットサルを「ミニ サッカー」と呼ぶこと(昔はそう呼んでましたが)にとても抵抗を感じる人はいるでしょう。そういった人たちの気持ちを大事にする上でも、またイメージを大事にしていく上でも、僕も表現には気をつけていきます。

|

« ニコニコ有料動画 | トップページ | Twitter 政治利用進みすぎ »

ESports」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175702/30161790

この記事へのトラックバック一覧です: 単語へのこだわり:

« ニコニコ有料動画 | トップページ | Twitter 政治利用進みすぎ »